FC2ブログ

時事ニュースCafé

時事ニュース(社会・政治・国際・経済・スポーツ・芸能)、歴史、グルメなど極選ニュースの情報カフェ

メキシコのテオティワカン遺跡 黒曜石の交易 太陽のピラミッド

夕刊フジ 2020年2月29日号
黒曜石
世界遺産 旅行講座より
<開始
長野、山梨両県にまたがる八ヶ岳周辺で採取された黒曜石は、矢じりの材料として日本各地にもたらされましたが、霧が峰南麓にある「駒形遺跡」は、その黒曜石の石器製作と交易に関する縄文時代の集落遺跡で、日本遺産の構成文化財になっています。

矢じり
黒曜石の矢じり

 一方、メキシコの世界遺産テオティワカンの古代都市でも黒曜石の加工所が数多く発見されており、この都市はその黒曜石の交易を独占して栄えていました。
 すなわち、日本の縄文時代と同様、メソアメリカ文明にとっても石器の利用は不可欠であり、黒曜石は調理器具、武器あるいは宝石として重宝され、その黒曜石を産出する地を治めたことで、テオティワカンは莫大な富を集めて繁栄したと考えられています。テオティワカンは、紀元前2世紀から6世紀までの間に存在した、当時のアメリカ大陸では最大規模を誇った宗教都市で、14世紀にこの遺跡を発見したアステカの人々は、あまりのスケールの大きさにこれが人の手によるものだとは信じられず、「神が集う場所=テオティワカン」と命名したといわれています。
 メソアメリカにおける都市は、通常長い年月をかけて次第に都市として整備されていくのが普通ですが、テオティワカンは、当初に設計された計画に従って、中央の大通りから、その左右に神殿などのピラミッド建造物が次々と建設され、わずか百数十年の間に20万平方キロメートルにも及ぶ壮大な都市が完成しているのです。
 すなわち遺跡は、南北4キロにわたって走る「死者の大通り」沿いに、「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」「城塞」といった巨大なピラミッドや神殿群が立ち並び、「死者の大通り」のちょうど中間地点にある城塞の中にケツァルコアトル神殿(羽毛のあるヘビの神殿)が配されています。
月のピラミッド
月のピラミッドと死者の道

太陽のピラミッド
太陽のピラミッド

ケツァルコアトル
ケツァルコアトル神殿

 そして、この都市は王や貴族、神殿の他に農民、商人などの一般の人々が共に住んでいたことが明らかになっており、他の都市とのきわだった違いを見せています。
 また、遺跡からは多数の殉教者やいけにえをささげる風習が存在した痕跡が発見されており、古代メソアメリカにおいては「死ぬことは終わりではなく、常に生と死がつながりあって回転している」という古代人の祈りや宇宙観、宗教観も伝えてくれる遺跡です。
終わり>



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp



太陽のピラミッド
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太陽のピラミッド(たいようのぴらみっど)はテオティワカン最大の建造物であり、200年頃建造されたと考えられている。メソアメリカで現存するもののうち二番目に大きな建造物でもある。テオティワカンの死者の大通りに面して建設されており、シウダデラと月のピラミッドの間に位置している。ピラミッドは都市の巨大な複合体を形成している。
【歴史】
太陽のピラミッドという名前は、テオティワカンが放棄されて数百年後に訪れたアステカ文明の人々が付けた名前である。テオティワカンを築いた人々が付けていた元の名称はわかっていない。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E3%81%AE%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89


メソアメリカ文明
世界史の窓より転載
メソアメリカ文明
<開始
北米大陸のメキシコ高原・ユカタン半島一帯に存在した古代文明の総称。
 北米大陸のマヤ文明、アステカ文明に代表される、スペインによる征服以前のメキシコ高原・ユカタン半島などにみられる文明をメソアメリカ Mesoamerica 文明という。メソとは、ギリシア語の mesos からきた接頭語で「中央にある」という意味。現在のメキシコとその南のパナマ地峡に至る地域を含み、「中央アメリカ」ともいわれる地域の古代文明である。
 アメリカ大陸では1万3500年前の旧石器文化の存在が明らかになっており、ベーリング海峡が陸橋であったころにそこを渡ってホモ=サピエンスがアメリカ大陸にも渡来していたことが判る。 → 人類の拡散
 メソアメリカ地域では、紀元前1500年頃から トウモロコシ、インゲン豆、カボチャ、トウガラシなどの農耕と綿の栽培などを基盤とし、土器や織物が発達した都市文明に移行した。 → ラテンアメリカ

先古典期:
前1200年頃からのオルメカ文明で都市文明の段階に達し、石造建築や絵文字などが生まれた。これは前400年頃まで続き、メソアメリカ文明の先古典期(形成期)とされる。

古典期:
次いで紀元前後頃から、メキシコ高原にはテオティワカン文明、ユカタン半島にはマヤ文明というそれぞれ特徴のある都市文明が成立した。この段階をメソアメリカ文明の古典期(または開花期)とする。7世紀頃からメキシコ高原のにトルテカ文明が生まれ、その勢力がユカタン半島のマヤ文明にもおよんでいく。そのため古典期のマヤ文明は衰退した。

後古典期:
11世紀頃からかわってチチメカ人の活動が活発となり、メキシコ北部からユカタン半島まで大移動を行った。14世紀にはチチメカ人の一部からアステカ人が有力となり、テノチティトランを都としてアステカ王国を建設し、15世紀にはアステカ文明の繁栄期を迎えた。一方のマヤ文明圏ではキチューやカクチクルなどの小国が分立した。チチェン=イツァーにはアステカ文明の影響で巨大なピラミッドが建設された。しかしこれらのメソアメリカ文明は、16世紀初めからスペインの侵略を受けて征服され、伝統的文明は破壊され、植民地支配のもとでカトリック信仰、スペイン語などのヨーロッパ文明を受け入れていく。
終わり>
https://www.y-history.net/appendix/wh0204-001_2.html



歴史から消えた巨大都市。謎多き古代遺跡「テオティワカン」
ヒトミ☆クバーナ 2018/10/03
<開始
日本から直行便で約13時間のメキシコシティ。そこから日帰りで行ける人気の観光地が、テオティワカン遺跡です。2つの大きなピラミッドを中心に、広大な敷地に多くの遺跡が並び、一気に古代文明の世界へとタイムトリップできます。
メキシコシティからテオティワカンへは、バスで約1時間と近く、ホテルから出発する日帰りツアーもたくさんあります。

テオティワカンとは、メキシコ先住民のナワトル語「神々の都市」という意味。12世紀にこの地を発見したメシカ人(アステカ人)が名付けました。神殿や施設がいくつも残っており、宗教都市なのは確かですが、発見当時すでに廃墟だったため、いまだ多くが謎に包まれています。

手前右側にあるのが「太陽のピラミッド」、真ん中をつらぬくのが南北4kmに伸びる「死者の道」で、その突き当りに「月のピラミッド」があります。

テオティワカンは、日本の弥生時代にあたる紀元前2世紀から、6世紀ごろまで繁栄しました。一説には、最盛期の人口は20万人とも言われています。テオティワカン以後、これに匹敵する大都市は、15世紀まで現れていません。

それなのに、一体誰が作ったのか、どんな民族が住んでいたのか、そしてなぜ滅亡したのかなど、まだ解明されていないことが多く、今も研究が続けられています。
終わり>
https://tripeditor.com/347478

スポンサーサイト



「桜を見る会」発覚 招待者は昭恵夫人の私的ビジネスの出資者だった

日刊ゲンダイ 2020年2月29日号
桜を見る会安倍夫人

「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待
日刊ゲンダイDIGITAL 公開日:2020/02/29 06:00 更新日:2020/02/29 06:00
<開始
安倍首相夫妻が“私物化”している「桜を見る会」について、衝撃的な事実が発覚した。

 なんと、昭恵夫人が始めたビジネスへの資金提供者を次々に「桜を見る会」に招待していたのだ。人数はわかっているだけでも30人以上。しかも、招待したなかには、消費者庁から取引停止が命じられたマルチ企業の社長まで含まれていた。総理夫人が、私的なビジネスへの出資金を集めるために、国民の税金で開かれた「桜を見る会」を利用していた疑いが濃厚となってきた。

 3月1日付の「しんぶん赤旗 日曜版」がスクープしている。

 昭恵夫人が立ち上げたビジネスは、「ウズハウス」(山口県下関市)と名づけられたゲストハウス施設。2016年1~4月にかけてクラウドファンディングで開業資金を募っている。

 一方、クラウドファンディングに出資し、「桜を見る会」に招待されていたのは、マルチ企業「48(よつば)ホールディングス」の代表取締役だった淡路明人社長(当時)。48ホールディングスは、「公開前に購入すれば、1カ月半後には10倍に値上がりする」などとかたって仮想通貨を販売。2017年10月に消費者庁から一部業務停止をくらった“いわくつき”の企業だ。

すでに日刊ゲンダイは、昨年12月7日付の紙面で、安倍夫妻と淡路社長との写真を掲載し、<16年4月の桜を見る会の「前夜祭」で撮影されたとみられる。また、桜を見る会で淡路氏が菅官房長官、片山さつき前地方創生相と一緒にいる写真もSNS上では飛び交っている>と、昭恵夫人枠で淡路社長が「桜を見る会」に招待された疑惑を報じている。

 これまで安倍首相は、自身も昭恵夫人も淡路社長と面識がないと国会で全面否定していた。ところが、赤旗日曜版が、淡路社長が昭恵夫人のスポンサーだったことを明らかにした形だ。淡路社長は、赤旗日曜版の取材に対して「知人から出資を持ちかけられて指摘のクラウドファンディングに出資しました」と認めている。ビジネスへ出資する見返りが、「桜を見る会」への招待だったのだろう。

政治評論家の森田実氏が言う。

「安倍首相の特徴は、国家を私物化し、私物化に昭恵夫人が深く関与しているということです。森友事件も同じ構図でした。この問題は絶対に国会で取り上げるべきです。国会で審議されれば議事録に残り、さすがに大手メディアも報じざるを得ないでしょう」

 国会はコロナ一色になっているが、安倍夫妻の逃げ切りは許されない。
終わり>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/269705



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp




古い日記 和田アキ子

あのコロワ~



コロナ倒産 第1号 コロナ恐慌 直ちに必要なのは大型減税

日刊ゲンダイ
コロナ倒産第一号
日刊ゲンダイDIGITAL 公開日:2020/02/26 14:50 更新日:2020/02/26 16:15

コロナ倒産 第1号 愛知の老舗旅館廃業 倒産ラッシュの足音

<開始
とうとう新型コロナウイルス禍による倒産が発生してしまった。愛知県蒲郡市の西浦温泉にある1956年創業の老舗旅館「冨士見荘」が廃業することになった。

 冨士見荘は業績不振により、2013年8月に資金ショートが表面化したが、近年、中国人ツアーに注力し、盛り返していた。40室の客室はほとんどが中国人で満室だった。しかし、新型コロナの影響で中国からの団体ツアーのキャンセルが相次ぎ、倒産に追い込まれた。

 愛知県は外国人宿泊者のうち中国人比率が49.3%と、全国平均の26.5%を大きく上回る。愛知、静岡、岐阜など中部国際空港周辺には中国人客をアテにした宿泊施設も多く、新型コロナによる相次ぐキャンセルに悲鳴が上がっている。東京商工リサーチ情報本部長の友田信男氏が言う。

「今回の倒産劇は、愛知の一旅館の話ではありません。中国人観光客は北海道から沖縄まで訪問していました。旅館に限らず、お土産屋、観光バス、旅行会社など観光業は、全国各地での倒産が想定されます。そのうえ、日本人客の需要にも期待はできない。昨年10月の消費増税で消費マインドが冷え込んでいる上、しばらくは、新型コロナで外出を控えるからです。インバウンドや国内需要の激減は、飲食店や小売りにも影響が出るでしょう」

中国経済は依然、マヒ状態に陥っている。工場の本格稼働も進まない。部品を納入する中小企業の資金繰りが厳しくなれば、製造業での倒産ラッシュも現実味を帯びる。

「倒産や長期の休業で、雇用されている人の収入も不安定になる。ますます消費は低迷するという悪循環に陥ります」(友田信男氏)
終わり>
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/money/269581



ただちに必要なのは大型減税

コロナ恐慌

直ちに必要なのは大型減税

これ以上の後手後手対応は許されない


東京五輪は中止、消費税廃止ですなw




↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp




新型コロナ感染防止のため
きょうから電通社員5000人、資生堂8000人出社禁止



JUJU「STAYIN’ ALIVE」

【エンディングダンス_第3話】OAフルバージョン★「トップナイフ」毎週土曜よる10時放送


「君たちは東京五輪を開催中止にしたら、どれだけの経済損失が…

WEGDE Infinity 記事より
賽はなげられた
新型コロナ、五輪開催に向けた見えない圧力

新田日明 (スポーツライター) 2020年2月24日
<転載開始
呆気にとられた。2020年東京五輪・パラリンピックの日本選手団が着用するオフィシャルスポーツウエアの発表会での出来事だ。21日、都内の発表会場で東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長が「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っているんですが…。どうぞお帰りになったら手を洗うとか、特に選手は気をつけて風邪など引かないようにウイルスをもらわないように」などと発言。会場内のほんの一部からはやや失笑も漏れたが、大半の関係者が凍り付いていた。

 新型コロナウイルスの感染が拡大の一途を辿る中、厚生労働省は国民にマスク着用を促している。それにもかかわらず、東京オリ・パラ大会組織委員会で重責を担うトップがマスクをしないことを美徳とし、厚労省の呼びかけに逆行する意思を示してしまった。

 自らマスク着用を拒否し続けることで日本には新型コロナウイルスが蔓延しておらず、東京五輪開催に何の不安もないと強調したかったのだろうか。いずれにせよ、ウイルスに対する日本の危機感がとてつもなく薄いことをあらためて世界に発信してしまった格好だ。

 大会組織委員会の関係者は森会長の言葉を耳にすると引きつった表情になり、一部の報道陣にこっそりと耳打ちしながら「あまりヘンなことは書かないで欲しい」と念押しする姿も見られた。その効果があったのかは定かでないにせよ、大手メディアの記事の大半は森会長のコメントを取り上げながらも批判的なトーンにせず事実を淡々と伝えるのみだった。

見えない圧力とは何か?

 事情通は「やはり東京五輪に向けた〝圧力〟が効いているのではないかと思います」と打ち明け、こう続ける。

 「これだけ新型コロナウイルスの感染が日本中で広がっているのに、東京五輪開催を危ぶむ記事が主要メディアからほとんど発信されないのは異常なことです。そのような内容の記事がごく稀に社内の〝跳ねっかえり〟によって書かれて掲載されたとしても、それほど大きく扱われません。仮に反響が大きくなりそうなことが分かるとスーッと潮が引くように、その記事は削除されてなかったものとなります。

 要するに東京五輪の大会関係者から〝見えない圧力〟をかけられるからです。だから森会長を含めた大会組織委員会、内閣府に置かれた推進本部へのバッシングが主要メディアから起こりにくい状況となっているのも同じことが言えます。その先にあるのが、あまりやり過ぎてしまうと東京五輪において取材規制をかけられるのではないかという主要メディアの恐怖感。つまり本大会での取材パス申請に悪影響を及ぼしてしまうことを恐れているから、大会関係者の顔色をうかがわざるを得なくなっているのが現実なのです」

 五輪の取材パスはIOC(国際オリンピック委員会)が発行し、認証するJOC(日本オリンピック委員会)を経由して申請者側に渡されることになっている。当然、東京五輪・パラリンピックも同様だ。ただ、この五輪取材パスの取得は非常に難しく、会社の規模だけでなく過去の大会の取材実績も大きくモノを言うといわれている。IOCの意にそぐわないようなことをするメディアはブラックリスト入りし、取材パスを申請してもまず間違いなく突っぱねられてしまうだろう。

 やはり東京五輪は取材する側にとっても一大イベント。その命綱とも言うべき取材パスを一切発行してもらえない、あるいは枚数を削減されてしまうなどという恐怖感にさいなまれれば、大会関係者の機嫌を損ねる批判的な報道に対してはどうしても及び腰になってしまうのかもしれない。

 だが、もうそんなことなど気にする状況ではなくなりつつある。新型コロナウイルスが猛威をふるい、日本列島を震撼させ、世界中をも恐怖のどん底に陥れている今、大会組織委員会を含む主催者側の姿勢が問われているからだ。危機的現状に目を配ることなく東京五輪開催を問題視せず、水面下でメディアコントロールを図るため無言の圧力をかけながら取材パスの発行を〝人質〟にしようとしているならば言語道断である。

賽は投げられた

 23日放送の日本テレビ系列「真相報道バンキシャ!」では新型コロナウイルスの感染拡大を受けても大会組織委員会の幹部が「強行突破だ」と言い切っていることが伝えられ、波紋を広げている。こうした理解不能なことを口にする大会組織委員会の関係者は実際に少なくない。つい先日も同じセクションに携わる人物が大真面目に次のようなワケの分からないアジテーションを唱えていた。

 「君たちは東京五輪を開催中止にしたら、どれだけの経済損失が出るか分かっているのか。そんなことよりも、どうやって大会を成功させるか。それを考えることが日本のマスコミの責務のはずだ。もう、賽は投げられたから突き進むしかない。イチかバチかかもしれないが、このウイルスとの勝負に勝って、大会を成功させれば我々日本人は歴史に名を残せることになるじゃないか」

 個人的に言えば、現状で東京五輪・パラリンピックの開催は極めて厳しいと思う。どうしても強行させたいなら、合理的な判断と危機管理ができる舵取り役を大会組織委員会や日本政府内に置くことは絶対条件だ。新型コロナウイルスの猛威を甘く見続けていると、東京五輪・パラリンピックの開催強行と引き換えに日本列島はパンデミックの恐怖に沈んでしまうような気がしてならない。
転載終わり>
https://wedge.ismedia.jp/articles/-/18777?page=2


日本でも世界でも日々、新型コロナウイルス感染拡大中、、
イタリアでもかなり感染者が増えてきていて、
致死率が他国と比較して高いらしい、イランも

韓国も感染者数が多いけど、しっかり検査して対応しているのに対して
日本の検査数は異常に低く、検査してないからまだ感染者数も少なく、
感染者があちこち移動してバラまいているため
潜在感染者は何倍にもなるといわれている

感染拡大のフェーズから、感染隠蔽のフェーズへ



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp



イランの死者8人に 新型肺炎

イラン死者8人
時事ドットコムニュース 2020年02月23日22時46分

イランの死者8人に 新型肺炎
<開始
【テヘランAFP時事】イラン政府は23日、新型コロナウイルスで新たに3人が死亡したと明らかにした。イランの死者は計8人となった。感染者は15人増え計43人。
 保健省報道官によると、7人が中部コム、4人がテヘランで、残る4人は北部や中部の各地で確認された。
終わり>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022300577&g=int&utm_source=jijicom&utm_medium=referral&utm_campaign=jijicom_auto_aja


世界各地で新型コロナウイルス感染拡大中ですな

日本でも相模原や千葉など毎日あちこちで感染ニュースが、、
名古屋の高速道路料金所もついに閉鎖とか

北海道は中国人観光客が多かったせいか既にかなり前の時期から拡大してたとかいう話もあり
現在、アウトブレイク中で、これから武漢化してくるんじゃないかと、、

大阪とかあんまりニュースに出てこないけど隠蔽してるんかな??



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp




イスラエル、日韓からの直接渡航禁止 新型肺炎感染拡大で

イスラエル渡航禁止
時事ドットコムニュース 2020年02月23日21時05分

イスラエル、日韓からの直接渡航禁止 新型肺炎感染拡大で
<開始
【エルサレム時事】イスラエル保健省は23日、日本と韓国からの外国人渡航者について「出国から到着まで14日たっていない場合は入国を禁じる」と発表した。日韓両国で新型コロナウイルスの感染が広がっていることを受けた措置。
 イスラエル当局は、同国を訪れた韓国人の団体観光客18人から帰国後のウイルス検査で陽性反応が出た事態を重視。地元メディアによると、22日に韓国から到着した大韓航空機に搭乗していた外国人約200人が入国を拒否された。
終わり>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022300514&g=int



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp



<競馬ニュース>
2020年2月23日(日)
東京11R
第37回 フェブラリーステークス(GⅠ )

1着 モズアスコット(ルメール) 1番人気
2着 ケイティブレイブ(長岡) 16番人気

馬連12-15  36,230円


クルーズ下船者が感染 栃木の60代女性―待機終了後、新型ウイルス初確認

クルーズ下船者が感染
クルーズ下船者が感染 栃木の60代女性―待機終了後、新型ウイルス初確認
時事ドットコム 2020年02月22日23時49分
<開始
栃木県は22日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した同県在住の60代女性について、新型ウイルスの感染を確認したと発表した。女性は船内待機期間を終え、19日に下船していた。待機期間後に下船した日本人乗客の感染が確認されたのは初めて。

進まぬマスク供給 政府対策に疑問の声―新型肺炎

 県によると、女性は70代の夫と乗船。待機期間を終えた19日時点で発熱などの症状がなく、14日以降に受けたウイルス検査で陰性だったことから、19日に夫と共に下船した。下船後はバスで横浜市内の駅へ行き、自宅最寄り駅まで電車で移動、知人が運転する車で帰宅した。
 女性は帰宅した19日に一度、買い物へ行った以外に外出していないという。下船後は移動中も含めてマスクを着用していた。21日に発熱、22日に医療機関を受診し、検査で陽性が判明した。夫に症状はないという。
 記者会見した福田富一栃木県知事は、下船者の感染判明を受け、「国に対してはもう一歩踏み込んだ対応を求める」と述べた。
終わり>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022200637&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit



新型ウイルス培養船、、、
運営は米カーニバル社



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp


森喜朗会長 「私はマスクをしないで最後まで頑張る」

livedoorNEWS 2020年2月21日 15時30分

「マスクをしないで最後まで頑張る」森喜朗会長が新型コロナ巡り発言

森元

森喜朗会長「私はマスクをしないで最後まで頑張る」東京五輪パラの公式ウエア発表で
2020年2月21日 15時30分 スポニチアネックス
<開始
20年東京五輪・パラリンピックの日本選手団が着用するオフィシャルスポーツウエアの発表会が21日、都内で行われた。

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大会組織委員会の森喜朗会長(82)は「早くコロナウイルスどっかに消し飛んで欲しいなと神にも祈るような毎日」とコメント。マスクを着用する報道陣や関係者を見渡し、「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っているんですが、どうぞお帰りになったら手を洗うとか、特に選手は気をつけて風邪など引かないようにウイルスをもらわないように」と話していた。

 この日、発表されたスポーツウエアはアシックスが手がけ、表彰式や選手村で日本選手団が着用する。コンセプトは「ジャポニズム」で、開催国・日本の選手団が代表としての誇りを感じられるよう、日本の伝統美と先端技術を掛け合わせ、選手団の強さを表現。メインカラーは、朝日が昇る力強さをイメージした鮮やかな「サンライズレッド」となっている。
終わり>
https://news.livedoor.com/article/detail/17851892/


さすがは森元はん、根性ありますなw



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp


クルーズ船乗客2人が死亡=新型コロナ感染の80代男女―国内の死者3人に

クルーズ船乗客2人が死亡=新型コロナ感染の80代男女―国内の死者3人に
クルーズ船乗客2人死亡
時事通信ニュース 2020-02-20 21:04

クルーズ船乗客2人が死亡=新型コロナ感染の80代男女―国内の死者3人に
<開始

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=20日午後、横浜・大黒ふ頭

 厚生労働省は20日、新型コロナウイルスの集団感染が発生したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、感染が確認された日本人乗客の男女2人が死亡したと発表した。2人は神奈川県の男性(87)と東京都の女性(84)で、同船の乗客が死亡したのは初めて。国内で死亡した感染者は計3人となった。男性の死因は国内で初めて「新型コロナウイルス感染症」と特定された。
 同省によると、男性は気管支ぜんそくなどの基礎疾患があった。10日から発熱が続いたため、11日に医療機関に搬送。その後感染が判明し、人工呼吸器を使って治療を続けていたが20日に死亡した。
 女性は基礎疾患がなく、5日に発熱した。12日の入院時に息切れなどの症状があり、13日に感染が判明。14日に容体が悪化し、20日に死亡した。死因は肺炎で、同省は新型コロナウイルスが原因とみている。発熱から搬送まで1週間要しており、同省が経緯を詳しく調べるという。
 同省によると、クルーズ船では乗客乗員600人超の感染が確認されている。重症者は死亡した2人以外を除き、20日時点で40~80代の男女28人。2人には、症状の改善が報告されている抗エイズウイルス(HIV)薬が投与されたという。
 国内では13日、新型ウイルスに感染した神奈川県の80代の日本人女性が死亡した。死因は不明という。
 また、厚労省は20日、同船で仕事をしていた同省職員と内閣官房職員の計2人の感染が確認されたと発表した。2人の濃厚接触者はいないという。
 同省職員は40代男性で、12日から船内で業務に従事し、18日に発熱。内閣官房職員は30代男性で、厚労省職員と同じグループで業務に当たっていた。
終わり>
https://sp.m.jiji.com/article/show/2345223


↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp



世界保健機関(WHO)は2月11日、新型コロナウイルス感染症の正式名称を「COVID-19(coronavirus disease 2019)」とすると発表しました。

ちなみにクルーズ船の運営会社は米国のカーニバル社


「大坪氏とちゃんと付き合え」和泉洋人首相補佐官「圧力音声」に内閣法違反の疑い

Yahoo!JAPAN ニュース
大坪氏とちゃんと
「大坪氏とちゃんと付き合え」和泉洋人首相補佐官「圧力音声」に内閣法違反の疑い
文春オンライン 2/19(水) 16:00配信
<開始
和泉洋人首相補佐官(66)と、大坪寛子・厚生労働省大臣官房審議官(52)が、海外出張の際、公費でコネクティングルームに宿泊していた問題 が国会で追及される中、「週刊文春」は、和泉氏の公私混同疑惑を深める音声を入手した。音声によれば、和泉氏は、大坪氏と関係が悪化していた独立行政法人の幹部を呼び出し、人事や予算について言及した上で、大坪氏と「ちゃんと付き合ってもらわなければ困る」と強く要求していた。

【画像】京都出張中、でかき氷を“アーン”と食べさせ合う和泉氏と大坪氏

 昨年7月5日、和泉氏は、首相官邸の補佐官室にAMED(日本医療研究開発機構。独立行政法人の一形態の国立研究開発法人)の幹部3人を呼び出した。当時、大坪氏は、内閣官房の健康・医療戦略室次長として、AMEDを担当していたが、高圧的な言動や調整能力不足もあって、コミュニケーション不全に陥っていた。

 音声によれば、和泉氏は、次のように語っている。

「大坪次長もさ、激しくて皆さんとうまく行っていないかもしれないけど、彼女は健康・医療戦略室次長に残すし、AMED担当室長になるから。そういうつもりでちゃんと付き合ってもらわないと困る」

 大坪氏は昇進させるとする一方で、AMEDに対しては「組織を見直す」と人事権をちらつかせたり、「財務省が全面的に協力する」「あなた方がどういうつもりか知らないけど、そんな生易しい話じゃない」などと予算にも介入することを示唆していた。和泉氏は、首相補佐官の強大な権力を背景に、大坪氏の意向に従うよう“圧力”をかけていたことになる。

 公務員制度やガバナンスに詳しい、元財務官僚で明治大学公共政策大学院教授の田中秀明氏が指摘する。

「独立行政法人の人事権は大臣にあるので、そこに介入することは問題。内閣法上、補佐官は総理の命を受けて内閣の重要政策の企画について総理を補佐するのが役割であり、行政機関に対する指揮命令権はないため、補佐官の分を越えている。仮に、その独法の役員が適切に仕事をしていないのであれば、補佐官が総理に実情を報告し、総理が直接指示するべき。総理の指示を、補佐官が伝言・代弁することはあっても、首相の指示もなく『総理に代わって』指揮するのであれば、内閣法に違反します」

 和泉氏を直撃すると、当初、「そんなことはありません」と答えたが、重ねて聞くと「全部ノーコメント」と回答した。

 大坪氏と公費を使った“不倫出張”を繰り返してきた和泉補佐官が、新たに大坪氏のために行政を歪めていた疑惑が浮上したことで、さらに説明を求める声が高まりそうだ。

 2月20日(木)発売の「週刊文春」では和泉氏の音声の全容や、新型肺炎の対応にあたっている大坪氏の近況、過去に神奈川県知事の黒岩祐治氏を大坪氏が激怒させていた"事件"、さらには、和泉氏が直撃に初めて語った「大坪氏とのコネクティングルームを求めた理由」についても詳報している。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年2月27日号
終わり>
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200219-00035411-bunshun-pol



【関連記事】
・新型コロナにも影 医療研究者たちを悩ませる大坪問題
・美魔女審議官の鉄面皮 公金不倫疑惑再燃 首相補佐官とスイートルーム外遊 新型肺炎で会見
・安倍首相補佐官、厚労省女性幹部と税金でコネクティングルーム宿泊
・安倍首相補佐官と厚労省女性幹部が公費で「京都不倫出張」



↓一日一回応援のクリックをポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング





時事ニュースCafé
jijinewsblog.exblog.jp

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

ポチッと応援お願いします♪

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村


社会・経済ニュースランキング

プロフィール

Mokha

Author:Mokha
時事ニュース(社会・政治・国際・経済・スポーツ・芸能)他
歴史、グルメ、ボクシングなどの情報通カフェ

最新記事

カテゴリ

社会ニュース (208)
世界のコーヒー豆産地 (1)
歴史・旅 (2)
歴史・事件 (11)
スポーツ (16)
囲碁 (5)
ボクシング (21)
グルメ (5)
馬神の “究極!一点予想” 競馬 (68)
競馬 (7)
オオヒラタ飼育 (184)
魚 (3)
山 (1)
WKBCランキング (4)
中央構造線 (1)
自然(景色や植物・生物) (15)
散策 (1)
クワガタバトル (20)
クワガタ相撲大会 (49)
クワガタ相撲大会結果 (23)
クワガタ相撲全国大会・結果 (11)
クワガタ相撲大会予定 (26)
クワガタ相撲にオススメの種類 (4)
未分類 (6)
日常 (2)
エンタメ (6)
薬 (1)
BGM (1)
瞑想 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
146位
アクセスランキングを見る>>

訪問者カウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2ブログランキング

☆ ユーザータグ

オオヒラタ飼育 オオヒラタブリード クワガタバトル クワガタ相撲大会 クワガタ相撲 ドルクスチャンプ杯 競馬予想 パラワンオオヒラタ スマトラヒラタ 新型コロナ ボクシング 新型コロナウイルス テイオウヒラタ 電通 消費税廃止 河井案里 河井克行 消費税ゼロ 全国大会 森友学園 パソナ 競馬 赤木俊夫 佐川宣寿 山口敬之 経産省 伊藤詩織 JUJU 公文書改ざん トップナイフ コロナ恐慌 井上尚弥 東京五輪 近畿財務局 SUITS レイプ事件 持続化給付金 スーツ2 新型肺炎 ドラッグレイプ サービスデザイン推進協議会 アベノマスク レイプ レジ袋有料化 和泉洋人 大坪寛子  WBSS 唐田えりか 凱旋門賞 東出昌大 小泉進次郎 桜を見る会 経済産業省 台風19号 タックスヘイブン 森友事件 GoToキャンペーン 現金給付 STAYIN’ALIVE コロナラッシュ レジ袋 飯塚幸三 囲碁 カルロス・ゴーン イエズス会 数え足りない夜の足音 舛添 UA 黒川弘務 IR汚職 産卵セット ダイオウヒラタ GoToトラベル 東京オリンピック 堤防決壊 秋元司 コネクティングルーム 竹中平蔵 クルーズ船 コロナ STAYIN’ ALIVE コロナ禍 ダイヤモンド・プリンセス 下地幹郎 箱根駅伝 コロナ倒産 持続化給付金事業 消費税 スーツ 森友疑惑 池袋暴走事故 半グレ 拳月 カトリック 絶対零度 家入レオ モロッコ 農薬 ノニト・ドネア 未完成 バンタム級 ルパン 甲斐正午 稲田伸夫 広島地検 マイク・タイソン 租税回避 自然 Demi 割り出し デミ・ローズ ミス慶応コンテスト Rose 花見 原子力利権 コロナウイルス 上野愛咲美 緊急経済対策 公選法違反 武漢 紅蓮華 生物兵器 鬼滅の刃 ヨハンセン GoTo 河井夫妻 ユースビオ レバノン 洪水 安倍昭恵 緑茶 ルパン三世 タイソン ゴーン 竹内アンナ リクルート事件 手越祐也  国家公務員 プリウス コモンズ グアンタナモ基地 織田裕二 聖澤真琴 新木優子 パナマ文書 バージン諸島 フィギュアスケート 仲邑菫 日産 ローマ法王 TOP カニ アベトモ カブトムシゆかり 花粉症 1億5000万円 メイウェザー コーヒー豆 コーヒー 夕刊フジ 病室で念仏を唱えないでください 森友問題 ボーナス 山本太郎 吉本興業 減税 トランスコスモス 吉田茂 ワクチン 中村格 NKB 安倍友 コロナ過 台風21号 買収 公職選挙法違反 アベ友 加計学園 吉高由里子 初競り ミドル級  慶大生集団強姦 広告学研究会 トランプ ジョージタウン大学 森元首相 船橋利実 カレー 中村裕之 村田諒太 ジャーディン・マセソン 平昌オリンピック WKBC タイガー・ウッズ カジノ汚職 小平奈緒 泉進会 KUWATAフェスティバル大宮 増税 マカヒキ juju カーニバル社 NEWS オータムクラシック トゥルソワ トルソワ 紀平梨花 ロシア杯 日航123便墜落事故 ラジエーションハウス ゴルフ 細川昌彦 横川直樹 17歳美女サーファー 松田詩野 リヒテンシュタイン 私定時で返ります ジャニーズ ベンガルトラ 伊藤園レディース 小籔千豊 フッ化水素 ルパンの娘 レイバー山口 中曽根元首相 ノーサイド・ゲーム サリン ホワイト国 シュンドルボン 核開発 神戸山口組幹部襲撃事件 古川組総裁 菅義偉 偽装不倫 小泉純一郎元首相 菅官房長官 肥溜めトライアスロン 福岡7億6000万金塊強奪事件 4070万円 CARISERA 沢尻エリカ 宮迫博之 ウルトラマラソン タワマン 仮面同窓会 思いやり予算 武蔵小杉 菊花賞 ブアローイ 台風20号 ホウオウサーベル 豪雨 台風19号 Nadine 越辺川 Lustre 上級国民 たまひよ名前ランキング 秋川 赤ちゃんの名前 スピードスケート 在日米軍駐留経費 ズワイガニ バックウォーター現象 松葉ガニ ファルネーゼ一族 CSIS バチカン キリスト教 内水氾濫 五輝星 大龍柱 池袋暴走事件 首里城 飯塚幸三元院長 ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ テテ ウバーリ 河川氾濫 秋山川 ラグビー ドナルド・キーン ジェラルド・カーティス ワールドカップ2019 ノルディーヌ・ウバーリ ドネア 格闘技裏通信 ゾラニ・テテ コロンビア大学 ギレルモ・リゴンドー トライアスロン 小泉元首相 鈴木愛 テニス 大坂なおみ 東レ・パンパシフィック・オープン お台場の海 ローマ教皇 アイルランド ハギビス 京都府警 飯塚元院長 千曲川 荒川 多摩川 入間川 峰不二子 ヴァルトガイスト ブラストワンピース フィエールマン パリロンシャン エネイブル kailalauren 夕刊フジ子 林加奈子 フィギアスケート 電気グルーヴ 慶大生集団レイプ 秋華賞 ヤリサー ミスコン ドナルド・トランプ マルバネクワガタ 研修医少女集団性的暴行 森友学園疑獄 千葉大 医学部集団レイプ 慶大生集団レイプ事件 慶大「集団レイプ」事件 スプリンターズS WBC どんぐり WBO世界タイトルマッチ シャンティイ カッチャルバッチャル スパイス 大塚 インド料理 アッキード事件 明治維新 金メダル スケート 冬季五輪 カール ドゥラメンテ 輪姦 クロチアニジン ネオニコチノイド系 日本茶 タイトルマッチ フライ級 吉田健三 麻生太郎 マセソン商会 トーマス・グラバー 長州ファイブ マセソン・ボーイズ WBA 籠池理事長 渡辺謙七 WKBCランキング WKBC世界タイトルマッチ 岩魚 イワナ 具志堅用高 ツヤクワガタ 釣り 異種格闘技戦 中央構造線 事件 歴史 産卵マット HINA アチェ GW 植物 オオヒラタ 幼虫 クワガタ 菌糸 羽化 相撲 政治資金団体 東京五輪招致 眺望 散歩 散策 雷門 ブルーベリー   シーラカンス 紫陽花 浅草寺 浅草 日本振興銀行 木村剛 相続税回避 政治団体 資金管理団体 割出 ブラックアウト OUT BLACK お茶 シラフルオフェン パリ ノートルダム大聖堂 ローマ・カトリック ノートルダム トヨタ クボタ 中曽根康弘 日本淘道会 森ビル ルノー WBO世界フライ級タイトルマッチ 麻薬 コカイン Richardson Terry イサキ ピエール瀧 田口良一 田中恒成 キラキラネーム スパコン事件 クレイ社 日清製粉 神崎弘海 熊沢英一郎 熊沢英昭 女優 ドラマ 水川あさみ 本田翼 山本美月 BSE 牛海綿状脳症 エマヌエル・ロドリゲス ドアノッカー ビーバー Beaver ダービー ロジャーバローズ 養殖魚エサ 牛肉骨粉 浜中 テリー・リチャードソン 性奴隷 未来設計 政井日銀審議委員 日産自動車 新生銀行 入居一時金 有料老人ホーム コンプラドール CIAコードネーム ポダム ロンシャン 井上 SPINDL スピンドル GACKTコイン クリチアニジン 野田聖子 抗生物質 性的虐待 火炎瓶 抗菌剤 正力松太郎 那須川天心 贈賄疑惑 JOC竹田恒和会長 Tidings Black キャボット一族 カボート 修道女 ウォーバーグ一族 デル・バンコ一族 ブラック・タイディングス 山口真帆 日本オリンピック委員会(JOC)会長 竹田恒和 2020年東京五輪 RIZIN ジョン・ジロー・ウォーバーグ 白須次郎 NGT48 人身売買 麻薬密売 瀧本美織 IR汚職 #安倍晋三に講義します 検事総長 検察庁法改正抗議 検察庁法改正案に抗議します イーサン・ハント 吾峠呼世晴 炭治郎 ジャニーズ事務所 現金配布リスト LiSA 禰豆子 レベッカ・ファーガソン ミッション・インポシブル アラビカ種 コスタリカ 稲津久 ワクチン利権 ミッション:インポッシブル イーサン トム・クルーズ ローグ・ネイション イルサ・ファウスト イルサ ステイホーム ボビー・オロゴン 公職選挙法違反事件 リアルグループ 半グレ集団 サービスデザイン 給付金受託団体 経産省中小企業庁 グランアレグリア GoTo利権 新型コロナ禍 前田中小企業庁長官 一般社団法人サービスデザイン推進協議会 風花一門 サービス協議会 川内博史 黒川検事長 ナイジェリア 769億円 ファルコン9 テポドン アビス スペースX クルードラゴン ハイドロクシクロロキン アジスロマイシン 鈴木保奈美 小手伸也 中島裕翔 鈴木大輔 幸村チカ 上杉一志 みきとP ロキ ラトゥラトゥ 吉田鋼太郎 中村アン 玉井伽耶子 高橋洋一 バッハ会長 コロナ対策 IOC 社会保険料免除 栗蟹 かに  クリガニ くりがに ボーカロイド ボカロ バイオマス発電 樋山茂 若松かねしげ 野木新一 シマトレーディング レムデシビル ビル・ゲイツ ディディエ・ラウル ヒドロクシクロロキン ギリアド 伊藤忠商事 マツオカコーポレーション 松浦勝人 エイベックス 10万円給付 ロキソニン 大麻 クロロキン 伊藤忠 興和 抗マラリア剤 ヒドロキシクロロキン 安田記念 沢田研二  ロイ・ジョーンズ・ジュニア ベーシックインカム 丸山穂高 クワ ブライス・ダラス・ハワード ロイ・ジョーンズJr. MikeTyson ジュラシック・ワールド BryceDallasHoward 今井尚哉 新原浩朗 扇興杯女流最強戦 なかむらすみれ 天元 棋聖 女流本因坊 立川志らく 菊池桃子 GoToトラベル GoToキャンペーン グッとラック! 中抜き 武田教授 副作用 アストラゼネカ 女流囲碁棋士 稲葉かりん 瞑想  ポリ袋 死んだウミガメ 霊気 レイキ 鬼手 GoToイート コロナ接触確認 ジンジャーエール エコバッグ 武田邦彦 アベノアプリ 経堂 ベルリン デモ ガラムマサラ スリマンガラム 井山裕太 芝野虎丸 中小企業庁 前田泰宏 前田ハウス 100年に一度 れいわ新選組 東京都知事選 多目的トイレ セックス依存症 アンジャッシュ プロダクション人力舎 リーマン級 五輪ボランティア事業 氷室京介 キスミー KISSME TOKIO 元TBS記者 はすみとしこ セカンドレイプ リクルートセクハラ 性暴力被害 性的暴力 ウッズ病 グルメ王 マスターシェフ BGM ピアノ jazz サライ・カリージョ ヤマウズラ 本因坊 重要事象 GC注記 ゴーイングコンサーン ジャズ リラックス 1億5000万円 六本木ヒルズ 佐々木希 渡部建 自民党本部 東京地検特捜部 夜カフェ cafe カフェ 1・5億円 ディアク 森喜朗元首相 間ノ岳 槍ヶ岳 奥穂高岳 北岳 富士山 白峰三山 IR三羽烏 海外支援 ODA ムラヤマ ジェーシー・コムサ 青森県大間産 本マグロ 岩屋毅 宮崎政 岩谷毅 仲里勝憲 宮崎政久 カジノ 豊洲市場 本田真凜 カジノ汚職事件 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業 海外援助 バラマキ O7 ケイジとケンジ 比嘉愛未 知らなくていいコト 強者 待ってるよ^_^ 進次郎環境相 進次郎 軽井沢プリンスホテル 不倫ホテル代 溝手顕正 安倍マネー フェリペ4世 スペイン国王 ハプスブルク家 北村滋 秋元議員 安倍首相 1億5000万円 パンデミック GM作物 遺伝子組み換え 紺野昌彦 海洋プラスチックごみ 和泉洋人首相補佐官 公費で京都不倫出張 厚労省女性幹部 安倍首相補佐官 メジナ グレ 日米貿易協定 米国産牛肉 肥育ホルモン剤 磯釣り 上智大学 上智大生 花粉症の薬 抗うつ薬 認知症 伊佐幾 抗ヒスタミン薬 ブエナビスタ 小里泰弘議員 阪神ジュベナイル レシステンシア ウオッカ 強姦魔 年俸1000万円の板前 伊藤詩織セカンドレイプ 4300万円以上の政治資金 励ます会 レイバー Hanada 小川榮太郎 黒島結菜 スクリーンヒーロー 競走馬 グラスワンダー 有本香 スティーブン・バトラー demirose DemiRose 大下容子 徳光和夫 ペジーコンピューティング 齊藤元章 WBA世界ミドル級タイトルマッチ BOXING 強姦 松本人志 ポストハーベスト農薬 小麦 現金支給 コロナ地獄 エフゲニア・メドベージェワ WHO 財務省近畿財務局管財部 佐川宣寿元国税庁長官 大川宏洋 幸福の科学 大川隆法 森友学園問題 コロナショック 徳政令 IR三羽烏 萩生田光一ギャラクシー・エンターテインメント・グル カジノ汚染 萩生田文科相 コロナ失業 グランド・プリンセス ブラックフライデー STAYIN'ALIVE 所得税 法人税 新型コロナ対策 庶民救済政策 田原総一郎 加藤浩次 極楽とんぼ 国有地売却問題 安倍晋三 ラサール石井 一般財団法人嘉納治五郎記念国際スポーツ研究・交流セ ヒャッハー シチリア イタリア 池田靖 信長 既得権益 寺社勢力 織田信長 森永卓郎 比叡山延暦寺 天台宗 関所の撤廃 サン・バルテルミの虐殺 天文法華の乱 日蓮宗 コーカサス トビリシ 公費不倫疑惑 ソロキャンプ 生けるレジェンド レジェンド ダイヤモンド・プリンセス号 ミニ武漢 ヘアニネ・アニエス ヘアニネ・アニエス暫定大統領 ダイプリ リトル武漢 松坂大輔 生活クラブ パン 給食パン 給食 小麦粉 スギ花粉 くしゃみ 建国記念日 ダイヤモンド・プリンセス タージマハルホテル 鼻水 ボリビア モラレス大統領 太陽のピラミッド テオティワカン遺跡 ケツァルコアトル神殿 フェブラリーS 黒曜石 メソアメリカ文明 グルジア ジョージア コロナビール 昭恵夫人 新型ウイルス マスクをしないで最後まで頑張る アフラキトシン 発がん物質 牛乳 モラレス政権 米国産トウモロコシ COVID-19 森元総理 森喜朗 森元 新型コロナウイルス感染症 伊佐木 

Template by たけやん